HOME > パリ旅行の準備をしよう トップ > メトロ入口サイン



  スポンサードリンク



メトロ12号線 アベス/Abbesses駅 入口


アベス駅

 

ガラスの天蓋を持ったこの入り口が完成したのは、今から100年以上も前の1900年です。
1900年というのは、パリ万博の年で、パリのメトロが開通した年です。つまりここは、パリにメトロが誕生した当初から残っている入り口なのです。1世紀以上が経過した今見ても、全く古い感じはしないと思います。

作者は建築家「エクトル・ギマール」です。「METROPOLITAIN」の文字もギマールのデザインです。

天蓋を支える柱や欄干部分は、植物や花をモチーフにしています。 優雅で美しくて、しかも力強い曲線。
この時代に流行した「アール・ヌーボー」と呼ばれる芸術様式です。

 

アベス駅 美術館で鑑賞する絵画や家具や装飾品にとどまらず、街中の公共物でも芸術を感じることが出来る点は、パリの魅力のひとつだと思います。

シュルレアリズムを代表する画家「サルヴァドール・ダリ」が、この入口のデザインを絶賛したというエピソードは有名です。

ダリの言葉
「パリのメトロの神々しい入り口、そこを通って人々は君主的かつ精気溢れる未来の美学が支配する潜在意識の領域へと降りていくことが出来るのだ。地下鉄の入り口という名の芸術である。」

 



アベス駅

 

後ろ側にまわって撮影。
アベス駅は、モンマルトルにあります。サクレクール寺院や、テルトル広場に行く時などに利用する駅です。アベス駅を利用することがあったら、ぜひこの入り口にも注目してください。

1900年当時は、ギマール作のメトロ入口がいくつもあったようですが、多くはその後、次々に解体されてしまいました。現在も完全な形で残っているのは、ここアベス駅と、2号線「ポルト・ドーフィヌ駅」、1・4・7・11・14号線「シャトレ駅」の3ヶ所です。


▲パリのメトロ入口のサイン トップに戻る





おすすめの記事

旅行の準備をしよう 「CDG空港からパリ市内までのアクセス」

旅行の準備をしよう「緊急時の対応」

ひとり旅日記「フライトは12時間」

ひとり旅日記「初めてのパリ 〜タクシーで市内まで〜」

姉妹サイト:パリのメトロ乗り方ガイド







▲このページの上部に戻る


パリ観光 メイン コンテンツ






VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA




西洋美術史について

▷運命の習い事に出会う 春のスクールガイド 西洋美術史オンライン講座「絵画巡礼」

クレア

▷絵の見え方が劇的に変わる、大人のたしなみを「西洋美術史オンライン講座:絵画巡礼」






▷パリ旅行準備中のひと向け

メルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook





エクスペディアのホテル




フランスパリ観光情報



サイト内検索