パリ旅行トップ > パリ旅行 準備と計画  > フランス語会話例文






フランス語旅行会話例文(場面別)

旅行中に使用するフランス語会話例文を紹介します。一般的に使用頻度が高そうな表現を中心に掲載します。

フランス語にも、丁寧な表現とくだけた表現がありますが、ここでは意思の伝達を優先し、できるだけシンプルな表現にしています。

読み方のカタカナは、あくまで目安です。フランス語には、日本語には存在しない音が多く含まれているので、カタカナでの表記には限界があります。この通りに棒読みしても、まず通じません。(3語文くらいなら通じるかも?)
自分で会話したい人は、CD付きの会話本などを購入するか、ラジオ講座などを利用して、発音そのものと文章の抑揚を学ぶ必要があります。そこまで時間をかけたくない人は、予めメモに書いたフランス語の文章を相手に見せる、英語に切り替える、などして乗り切ってください。
おすすめ会話本はこのページ(フランス語旅行会話集の選び方)に掲載しています。


*関連する記事:フランスの挨拶の習慣 


フランス語のあいさつ

意思表示(返事)


交通(タクシー・駅などで)


*以下の文で頻繁に登場する「SVP」は「S'il vous plaît /スィル ヴ プレ」(お願いします)の略です。

 依頼の文章を書いて相手に見せる時も、書き加えると良いでしょう。

*人に話しかけるときは、まず始めに、あいさつ「Bonjour」を必ず言いましょう。 




ホテルで使うフランス語



レストランで使うフランス語



その他、街歩き中など使う表現

PR「フランスダイレクトスクール」
自宅から一歩も出ず、楽しみながら短期間で
フランス語が「できるようになった」秘密を公開します。

もしあなたがフランス語を勉強しても「なかなかできるようにならない・・」
と感じているとしたら、罠にはまっているかもしれません。

・フランス語の会話例文の丸暗記作業
・理解の伴わない文法規則の暗記作業

これらを我慢してやり続けたとしても、フランス語ができるようにはなりません。

フランスダイレクトスクールは、 こうした一般的な常識とは逆のスタイルで学びます。
90日でフランス語脳を身につけ、 ゼロから学んだ人も、会話ができるようになります。

通常の語学学校ではありえない結果です。

なぜ、そんなことが可能なのか?
なぜ、一気に、フランス語ができるようになるのか?

急速に、フランス語の力を身に付けてしまった
Sさんの秘密を完全に無料の体験メールセミナーにてお伝えします。

こちらから体験登録できます ⇒ フランスダイレクトスクール、無料体験登録フォーム




▲パリ旅行の準備をしよう トップに戻る






おすすめの記事





▲このページの上部に戻る



パリ観光 メイン コンテンツ



西洋美術史講座/イベント



絵画巡礼
▶︎オンラインの西洋美術史講座「絵画巡礼」
絵を見ても意味が分からない方、見方を知ったら もっと楽しめるのではないかと思っている方へ



▶︎「7枚の絵画」毎朝7時・7日間限定の 絵画メルマガ(登録無料)



プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側



メルマガ
▶︎パリ旅行準備中の人のためのメルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausa 美術サロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報



  スポンサード リンク





サイト内検索